グラデーションの基本的な使い方がわからない方に解りやすく解説したいと思います。グラデーションツールの仕組みを知りたい人だけみてください!基本的なグラデーションの使い方としては描画色から背景色に変化していくグラデーションを作成します。「ツールパネル」の「グラデーションツール」があり、描画色と背景色を設定して、オプションバーで形状を選びます。形状の種類は「線形グラデーション」・「円形グラデーション」・「円錐形(えんすいけい)グラデーション」・「反射形グラデーション」・「菱形(ひしがた)グラデーション」があります。

スポンサーリンク

基本的なグラデーション

描画色から背景色の変化するグラデーション

  1. 「ツールパネル」から「グラデーションツール」を選択
  2. 描画色と背景色は好きな色を描画色と背景色それぞれクリックすると「カラーピッカー」ダイアログボックスから選べます。(又は「カラーパネル」・「スウォッチパネル」で選択)
  3. オプションバーでグラデーションのサムネールの▼ボタンをクリック
  4. 「グラデーションピッカー」を表示⇒「描画色から背景色へ」選択。
  5. 形状は「線形グラデーション」を選択。

画面下から上にドラッグする時、Shiftキーを押しながらドラッグすると、グラデーションが垂直に描けます。ドラッグした方向(「描画色から背景色へ」)グラデーションが上の画像のように描画されます。

徐々に見えてくるグラデーション

描画色から透明に

※前の画像「描画色から背景色へ」を取り消したい時は⇒Ctrl(command)+Zキー(又は編集⇒取り消し)で取り消します。「描画色から背景色へ」のやり方は同じです。

  1. 「ツールパネル」から「グラデーションツール」を選択
  2. 描画色と背景色は好きな色を描画色と背景色それぞれクリックすると「カラーピッカー」ダイアログボックスから選べます。(又は「カラーパネル」・「スウォッチパネル」で選択)
  3. オプションバーでグラデーションのサムネールの▼ボタンをクリック
  4. 「グラデーションピッカー」を表示⇒「描画色から透明に」選択。
  5. 形状は「線形グラデーション」を選択。

「描画色から背景色へ」のグラデーションは全体が描画されて写真が見えなくなっていましたが、「描画色から透明へ」は背景の画像が徐々に見えてくる画像になります。

選択範囲にグラデーション

グラデーションセットを使用してみる

選択範囲の所だけグラデーションが可能です。
ツールボックスの「クイック選択ツール」で空を選択します。

オプションバーでグラデーションのサムネールの▼ボタンをクリックして、「ピッカーメニュー」(赤丸部分を押すと、グラデーションセットが出てきます。今回は「パステル⇒イエロー、緑、青」を選択しています。「現在のグラデーションを置き換えますか?」とダイアログボックスが出ますので「OK」をクリック。⇒下から上にドラッグ。グラデーションにすると雰囲気が変わりますね。
※初期設定に戻したい時は「グラデーションを初期化」を選択します。

今なら新規会員登録で写真Lサイズ100枚まで3円お試しキャンペーン実施中!【プリントラッコ】

ツールのオプションバー設定

①5種類の形状グラデーション

※形状で使っているカラーは「グラデーションピッカー」の「スペクトル」を使用しています。

  • 線形グラデーション

主に使うグラデーションになります。ドラッグを始点から終点に向かって直線に変わるグラデーションを作成します。始点と終点に向けて段々と変化するようになっています。上から下、右から左、斜め上から斜め下など変化ししてみるとグラデーションが変化します。

  • 円形グラデーション

始点中心から終点に向かって同心円状のグラデーションを作成します。
同心円状とは?
一つの中心に対して、半径が異なる円で、樹の年輪などのように幾層にも囲まれている状態や図などのこと。 厳密に同心円でなくとも、「大まかな丸」で幾重にも同じ中心が囲まれているものは「同心円状」と呼ばれる。(Weblio辞書参照)

  • 円錐形グラデーション

ドラッグした線を一辺として開始点を中心に一周するグラデーションが適用され、開始点と終了点を結ぶ角度がグラデーションの開始辺になります。

  • 反射形グラデーション

始点中心に同じ線形グラデーションを左右に反射させます。

  • 菱形グラデーション

直線の階調を4方向に作成して、中心から四隅に向かって菱形のグラデーションを作成します。

②モード
描画モードを設定します。

③不透明度
グラデーションの不透明度を設定します。

ゆきぴゆきぴ

(「Photoshopのレイヤーを使って画像を扱う操作テクニック4点を学習してみましょう!」)⇒描画モードとは?を参考にしてくださいね!

④逆方向
チェックを入れると、グラデーションの順番が逆になります。チェックなし⇒描画色から背景色・チェックあり⇒背景色から描画色に描かれます。

⑧透明部分は次回のブログでグラデーションの色を設定する時に説明します。

最後に

グラデーションツールの仕組みはどうでしたか?グラデーションピッカーには沢山のグラデーションがあります。今回は、描画色から背景色のグラデーションで下から上にグラデーション、線形・円形・円錐形・反射形・菱形グラデーションの解説をしました。次回のブログでは「グラデーションエディター」ダイアログボックスを使用してグラデーションの色を設定、登録をしてみます。
最後まで見て頂きありがとうございます(^_^)

スポンサーリンク