前回のブログPhotoshopのパスとシェイプの違いとは?ペンツールとシェイプツールの特徴3つの解説!」で、「パス」の使い方を説明したので実際に画像を使って制作手順を解説していきます。「パス」を描画するには、アンカーポイント(点)の位置や、セグメント(線)の位置が重要になってきます。「パス」を描く時は「ペンツール」を使用します。文字を変形したい時は、「ペンツール」で「パス」を作成して「パス」上に入力できます。その他文字を入力して「ワープテキスト」から文字を変形することも可能です。今回の制作は、ヘビの画像を「パス」で「トレース(ヘビをなぞる)」して文字を変形します。文字の変形は自由に設定してみてくださいね。ここでの制作ポイントは、「ペンツール」・「横書き文字ツール」・「ワープテキスト」の3点に注目しています。

スポンサーリンク

ペンツールで輪郭をトレース

ペンツールでヘビをトレース

 

きんちゃんきんちゃん

画像を見ながら「ペンツール」を学習してみましょう。上の画像は、無料写真素材サイト(足成)を使用しています。こちらをファイルに保存して使ってくださいね。保存方法は、画面にマウスを載せると「高解像度の写真を取得する」⇒「高解像度の写真をダウンロード」をクリックすると保存できます。

「ペンツール」でヘビの輪郭をトレースします。この時、「手のひらツール」「拡大ツール」を使って作業すると細かい所のトレースが出来ます。ヘビの口の部分は「拡大ツール」と「手のひらツール」を使った方がやりやすいです。「拡大ツール」は拡大したい時に左クリック。縮小したい時は、Altキーを押して調節してください。「手のひらツール」は「ペンツール」を使いながらスペースキーを押すと「手のひらツール」に変わります。次の作業でも意識して使ってみてくださいね。

パスを保存する

「パスパネル」をクリックして、画面上の▼矢印をクリックすると「パネルメニュー」が出るので、「パスを保存」⇒「パスを保存」ダイアログボックスが出たら「OK」⇒「パス1」が出たらパスが保存されてます。

選択範囲を読み込んで、反転させる

 「パスパネル」で「パス1」を選択したら、「パスを選択範囲として読み込む」ボタンをクリック。クリックするとトレースしたヘビが選択されます。

 

「選択範囲」メニュー⇒「選択範囲を反転」を選択すると、背景が選択範囲になります。

インスタグラムが本になる

背景を塗りつぶす

「編集」メニュー⇒「塗りつぶし」を選択すると「塗りつぶし」ダイアログボックスが出るので、「使用:ホワイト」を選択⇒「OK」。背景が白に塗りつぶされるので、選択解除します。「選択範囲」メニュー⇒「選択を解除」。ショートカットキー:(Ctrl(command)+D)

横書き文字ツールを使って文字を入力

「横書き文字ツール」を選択して、ヘビの右上をクリック⇒「Shaek!!」と入力。(好きな文字を入力)カラーの選び方は、「スウォッチパネル」又は「ツールパネル」「描画色」、「オプションバー」から選べます。文字の選び方は、「ウィンドウ」メニュー⇒「文字」をクリックすると「文字パネル」が出ます。又は「オプションバー」の左側に文字が選択できますので、好きな文字を選択してみてくださいね。

文字をワープスタイルで変形させる

「オプションバー」「ワープテキスト」があるのでクリックして、「ワープテキスト」ダイアログボックスを開きます。「スタイル:でこぼこ」・「水平方向」・「カーブ:+44%」⇒「OK」。カーブは丁度良い所で調整してみてください。

ペンツールを使って、パスに沿って文字を入力する

「ペンツール」でヘビの形に沿ってパスをドラッグします。次に「横書き文字ツール」で、パスの上をクリックして文字を入力します。パスに沿って文字が配置されます。下の文字は1つずつスペースで開けています。

その他制作品

背景の色を付ける時は、「編集」メニュー⇒「塗りつぶし」を選択すると「塗りつぶし」ダイアログボックスが出るので、「使用:描画色(予めカラーを選んでおきます。)」を選択⇒「OK」「スタイル:円弧(エンコ)」・「水平方向」・「カーブ:+39%」⇒「OK」

 

あずきちゃんあずきちゃん

上の画像は、無料写真素材サイト(足成)を使用しています。こちらをファイルに保存して使ってくださいね。保存方法は、画面にマウスを載せると「高解像度の写真を取得する」⇒「高解像度の写真をダウンロード」をクリックすると保存できます。

最後に

ヘビのトレースはどうでしたか?「ペンツール」を使ってトレースすると「パス」から選択範囲が作成⇒反転⇒背景を塗りつぶし、「横書き文字ツール」で文字を入力⇒「ワープテキスト」で変形、「ペンツール」では「パス」を作成⇒「横書き文字ツール」で「パス」上をクリックして文字入力。「ワープテキスト」と、「ペンツール」で文字を変形することが出来るので、制作が楽しくなりますね。
最後まで見て頂きありがとうございました。

スポンサーリンク