「レイヤー」とは?簡単に言うと透明シートのようなものです。背景の上に2つ、3つレイヤーが重なっている状態になります。「レイヤー」操作は画面右のパネル下に出ています。出ない方は、「ウィンドウパネル」⇒「レイヤー」にチェック(又はF7クリック)してみてくださいね。ここでは「レイヤー」の基本操作から解説していきます。「レイヤーパネル」を使って「背景」「レイヤー」にする、複製・移動・新規レイヤー作成・結合・ロック・グループ化・リンクを覚えていきましょう。その他「レイヤー」機能がありますので画像を使って操作してみましょう!

スポンサーリンク
 

レイヤーとは何?

レイヤーの重ね方の仕組み

画像を見ながら「レイヤー」を学習してみましょう。ファイルに保存して使ってくださいね lesson11

「レイヤー」とは、「層」、「階層」という意味があり、複数の「レイヤー」を重ねていきます。例えば、画用紙を1枚、2枚、3枚と重なっている感じです。1つのファイルの中に画像を重ねて保ってくれます。画像やテキスト、パスなども「レイヤー」として扱うことが出来ます。上の画像を参考に、「レイヤーパネル」に2つの「レイヤー」が右画面のように重なってる状態です。真ん中の「レイヤー」の上が灰色になってますが、ここの部分は透明になっているので下のレイヤーが見えない状態です。

 

Photoshopの「レイヤー」は、「背景」と「レイヤー」に別れています。写真を開いたときは「背景」のみになっていますが、さらにレイヤーを重ねていくと上の画像のように3つのレイヤーが出来ます。ここでは、1番下が黄色い背景、真ん中は赤い帯状の画像、上は文字になります。重ね方は、頭の中でイメージすると良いですね。「レイヤー」を非表示にしたい時は、レイヤー左にある「目」のアイコンをクリックします。再度表示したい時も、クリックすると「目」のアイコンが出てレイヤーが表示されます。

レイヤーパネルとパネルメニュー

「レイヤーパネル」の操作では、順番を変えたり、非表示、ロックなど個々で変更が出来ます。パネル下の操作をクリックしてパネルメニューを表示させます。(画面上の緑の枠左から)「レイヤーをリンク」・「レイヤースタイルを追加」・「レイヤーマスクを追加」・「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」・「新規グループを作成」・「新規レイヤーを作成」・「レイヤーを削除」。「パネルメニュー」は、「レイヤーパネル」メニューからも操作ができることがありますので、使いやすい方法を見つけてくださいね。

 

オシャレなデザインでオリジナルの挨拶状を友達に送ってみました♪
↓↓↓↓↓

レイヤーパネルを使って操作する

「背景」を「レイヤー」に変更、複製、移動

画像を開いた時は「背景」になっていますが、「レイヤー」をダブルクリックすると「新規レイヤー」ダイアログボックスが出ますので、「OK」を押すと「レイヤー」に変更できます。「背景レイヤー」を複製する時は、「新規レイヤー」ボタンをドラッグ&ドロップすると「背景レイヤー」が複製できます。「レイヤー」の移動は、「レイヤー」の重なり順を変更します。上の文字をクリックして下にドラッグすると移動できます。

レイヤーの結合、グループ、リンクする

作業していると「レイヤー」がたくさんになってきます。その時は複数の「レイヤー」を「結合」しながら整理してみましょう。結合する時は、Shiftキーを押しながら複数クリックして選択⇒「レイヤーを結合」ボタンまでドラッグ。結合する方法は3つあり、「レイヤーを結合」は複数選択している状態で行うと、選択している「レイヤー」が結合します。「表示レイヤーを結合」は、表示されている「レイヤー」のみを結合します。「画像を結合」は、すべての「レイヤー」を結合して「背景」にします。

 

「レイヤー」を整理しながら「グループ」にすることが出来ます。グループにしたい「レイヤー」を選択して、「新規グループを作成」ボタンをクリックすると選択された「レイヤー」が「1つのフォルダ」になります。フォルダをダブルクリックすると名前の変更が出来ます。グループにする時は、Shiftキーを押しながら複数クリックして選択⇒「新規グループを作成」ボタンまでドラッグ。

 

「レイヤー」には「リンク」することにより、一つの「レイヤー」にすることができ、複数の「レイヤー」をリンクすると移動した時に一緒に動いてくれます。複数の「レイヤー」をリンクさせる時は、Shiftキーを押しながら複数クリックして選択⇒「レイヤーをリンク」ボタンまでドラッグ。

最後に

「レイヤー」の基本操作はどうだったでしょうか?「背景」から「レイヤー」に変更、複製、移動、結合、グループ、リンクにすることが出来て、「レイヤー」の積み重ねは操作している時に頭の中でイメージしながら操作してみてくださいね。
最後まで見て頂きありがとうございました。

スポンサーリンク