Photoshopには「描画色」・「背景色」があります。「ツールパネル」の下の部分の四角形(初期設定時、描画色:黒、背景色:白)になっています。「ツールパネル」から初期設定、「描画色」・「背景色」の入れ替えが出来ます。「描画色」は、色や線(鉛筆やブラシツールなど)を塗る場合に使用します。「背景色」は、画像を消去した(消しゴムツール)範囲に現れる色です。色の設定は、「カラーピッカー」ダイアログボックス又は「カラーパネル」「スウォッチパネル」で主に作業します。パネルを使って描画色・背景色の使い方をマスターしてみましょう。

スポンサーリンク
 

描画色と背景色とは?

カラーピッカーダイアログボックスの設定

Photoshopには、「描画色」・「背景色」があります。「ツールパネル」の下にあって、初期設定時「描画色」は黒、「背景色」は白になっています。クリックすると「カラーピッカー」ダイアログボックスが出ますので色の変更が出来ます。「描画色」「背景色」の入れ替え、初期設定の色にリセットする所もあります。

 

上の画像は、「描画色」「カラーピッカー」ダイアログボックスになります。描画色や背景色をクリックすると、カラーピッカーウィンドウが表示でき、今のカラーピッカーは、初期設定(H:HSBカラーモード)が選択されています。カラーバーの「色相H」・「彩度S」・「明度B」になります。カラーバーのスライダーをドラッグして色を選択したら、カラーフィールドをクリックし、「OK」ボタンを押すと描画色に選んだ色が設定されます。HSB、RGB、Lab および CMYK の 4 つのカラーモデルを使用し、数値で入力したりカラーフィールドをクリックしたりしてカラーを選択します。

「カラーピッカー」ダイアログボックスで設定

RGBを使用してみました。(R)にクリック⇒カラーバーのスライダーをドラッグして数値をあげます。設定した時に三角形の警告マークが出ました。これはCMYKモードでは正確に印刷ができないことを表しています。警告マークの下のアイコンをクリックすると、CMYKモードの色域内に変わります。

大切な家族の写真でつくる【キャンバスプリント】

カラーパネルで色設定

カラーパネルは、「ウィンドウメニュー」⇒「カラー」にチェックをするとパネルに設定できます。描画色・背景色の設定を選び、スライダー・数値入力・サンプルカラーで色を設定します。三角形の警告マークが出たら、警告マークの下のアイコンをクリックすると、CMYKモードの色域内に変わります。右上画面をクリックすると、スライダーカラーモードを切り替えが出来ます。

スウォッチパネルで色設定

スウォッチパネルは、「ウィンドウメニュー」⇒「スウォッチ」にチェックを入れるとパネルに設定できます。画面上のカラーは最初から登録されています。カラーを追加したい時は、描画色でカラーを選んで「新規スウォッチパネル」⇒「スウォッチ名」ダイアログボックスに名前を入れるとスウォッチパネルに登録されます。不要になったカラーは削除も出来ます。右上画面をクリックするとリストからライブラりが出ますので、クリックすると「現在のスウォッチを〇〇に置き換えますか?」と表示されるので「追加」を押すと現在のスウォッチパネルに追加されます。戻すときは、「スウォッチの初期化」になります。それぞれのライブラリカラーも確認してみましょう。

最後に

Photoshopの色の設定には「描画色」と「背景色」があることが分かりましたね。「カラーピッカー」では「HSB」・「RGB」・「Lab」・「CMYK」に設定できて、カラーバーで色が選べることが出来ます。「カラーパネル」は描画色・背景色を切り替えて数値入力、サンプルカラー、スライダーでカラー設定が選べます。「スウォッチパネル」は、描画色からカラー選択して「描画色から新規スウォッチを作成」から名前を入力すると「スウォッチパネル」に新しいカラーが登録されます。「スウォッチパネル」と「カラーパネル」はよく使うのでマスターしてみてくださいね。
最後まで見て頂きありがとうございました。

スポンサーリンク