選択範囲の調整には何があるのでしょうか?選択範囲には制作するだけではなく、選択範囲の「解除」・「反転」・「ふちどり」・「拡張・縮小」・「変形」にするなどいろいろと調整を加えることで画像補正の精度が高まります。その他、「境界線を調整して細かく選択」・「保存の読み込み」・「アルファチャンネル」があります。範囲の選択は一部選択すると、選択した範囲だけが編集になります。選択した部分だけ色を変更したり、フィルタを適用出来ます。範囲を選択する方法はたくさんあるので、その都度画像に合わせて使い分けてみましょう。

スポンサーリンク
 

選択範囲のメニュー

選択範囲の解除・反転方法は?

選択範囲の解除

選択範囲の解除する方法は、「選択範囲メニュー」⇒「すべてを選択」、ショートカットキー:(Ctrl(command)+A)・「選択を解除」ショートカットキー:(Ctrl(command)+D)になります。選択範囲内にポインタを置くと、ドラッグする時に移動させることが出来ます。操作はカーソルキーでも可能です。

反転させる

選択範囲を反転させるには、「選択範囲メニュー」⇒「選択範囲を反転」を選びます。上の画像の反転方法は、「楕円形選択ツール」で作成⇒「選択範囲メニュー」「選択範囲を反転」⇒「塗りつぶしツール」でカラーを付けてます。ショートカットキー:(Shift+Ctrl(command)+I)

選択範囲のふちどりと拡張・縮小と自由に変形

ふちどり

選択範囲がある状態で、境界線の部分に選択範囲が作れます。「長方形選択ツール」で作成「選択範囲メニュー」⇒「選択範囲を変更」⇒「境界線」⇒「選択範囲をふちどる」ダイアログボックスが出るので、「幅」:10pxにしてみます。選択範囲の境界線の中心に幅10pxの選択範囲が出来ました。

拡張・縮小

選択範囲の拡張と縮小は、選択範囲を大きくしたり、小さく出来ます。「長方形選択ツール」で作成⇒「選択範囲メニュー」⇒「選択範囲を変更」⇒「拡張」⇒「選択範囲を拡張」ダイアログボックス又は「縮小」⇒「選択範囲を縮小」ダイアログボックスを選び、それぞれの数値を入力⇒「OK」。拡張量と縮小量の数値を入力してそれぞれの違いを確認してみましょう。

変形

選択範囲の変形はドラッグで拡大、縮小、回転が出来ます。「長方形選択ツール」で作成⇒「選択範囲メニュー」⇒「選択範囲を変形」を選んだら、範囲にハンドルが出るのでドラッグして変形します。作成できたら画面右上の「〇」を押すか、Enterキーを押して完了です。


スマホ・パソコンからカンタン注文フォトブック

ぬいぐるみを精度の高い選択範囲に加工する

境界線を調整する

 

きんちゃんきんちゃん

 画像を見ながら「クイック選択ツール」・「選択範囲を保存」・「選択範囲を読み込む」・「境界線を調整(エッジの検出・調整)」・「選択範囲を反転」・「塗りつぶし」を学習してみましょう。ファイルに保存して使ってくださいね♪ lesson08

 

  • 上の画像のようにぬいぐるみを選択して、背景を白く塗りつぶしてみましょう。
  1. 「ツールパネル」「クイック選択ツール」でぬいぐるみの内側でドラッグして少しずつ選択。大きくはみ出した時はCtrl+Zキーで戻ります。小さくはみ出しは後で修正できるのでそのままで大丈夫です。
  2. ある程度選択できたら修正します。Alt(option)キーを押しながらドラッグして削除。細かい部分はブラシのサイズを調整します。ブラシを小さくする⇒(スペースキー:[)・ブラシを大きくする⇒(スペースキー:])

    ※変更する時は「半角英数字」にしておかないとスペースキーが変更できないので変更しておきましょう。その他ブラシを変更する時は、画面左上で変更可能です。

    修正したら、「選択範囲メニュー」⇒「選択範囲を保存」したら、「選択範囲を読み込む」。作業した選択範囲が残るように、選択範囲は保存しておきましょう。

  3. 「選択範囲メニュー」⇒「境界線を調整」ダイアログボックス⇒「エッジの検出」(スマート半径にチェック)、半径スライダーを動かしながら調整。「表示モード」の表示は(白地)を使用していますが、作業しやすいものを選んでください。
  4. 「エッジを調整」の滑らかにとぼかしも調整してみてください。「選択範囲メニュー」⇒「選択範囲を反転」⇒「編集メニュー」⇒「塗りつぶし」ダイアログボックスの使用:ホワイトにして「OK」。

アルファチャンネル

「選択範囲を保存」すると、「アルファチャンネル」として登録されます。画像の「アルファチャンネル」の(名前がぬいぐるみ)になっているのは、先ほど「選択範囲を保存」した時に名前を入れてたからです。アルファチャンネルを登録すると、簡単に切り抜きマスクができたり、「チャンネルを選択範囲として読み込む」ボタンをクリックすると再度選択されて、「ブラシツール」で修正ができます。

最後に

選択範囲にはいろいろな調整があることが分かりましたね。選択範囲のすべてを選択、解除、反転はショートカットキーを使った方が楽です。ぬいぐるみの加工はどうでしたか?境界線の調整を使うと、髪の毛などきキレイに加工が出来ますので挑戦してみてくださいね。
最後まで見て頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク