選択範囲の基本で「長方形選択ツール」・「楕円形選択ツール」がありますが、その他さまざまな選択方法があります。「なげなわツール」・「多角形選択ツール」・「マグネット選択ツール」・「クイック選択ツール」・「自動選択ツール」・「色域しきいき選択ツール」があります。最初は使い方に慣れないかもしれませんが、操作に慣れてくると、インプットしてきたらアウトプットすれば、にそれぞれの選択にはどういう選択方法があるのか?メリット・デメリットで操作するのが楽しくなりますね。でそれぞれの選択ツールの解説をしていきますので学習していきましょう!

スポンサーリンク
 

 さまざまな選択方法

選択範囲のツール操作

 

きんちゃんきんちゃん

画像を見ながら「なげなわツール」・「多角形選択ツール」・「マグネット選択ツール」で選択して学習してみましょう。ファイルに保存して使ってくださいね♪ lesson06  lesson07-1

なげなわ選択ツール

「なげなわツール」は、選択したい範囲をドラッグして自由に囲み、始点と終点を合わせると〇印が出るので、選択範囲が完成します。使いこなすにはちょっと大変かもしれませんが、コツを覚えていくようにしましょう。修正する時のショートカットキーは、Shiftキーを押しながらドラッグ削除の時は、Alt(option)キーを押しながらドラッグします。ツールを使う前に「ぼかし」・「アンチエイリアス」の設定。作成後、「塗りつぶし」ツール・「イメージメニュー」⇒「色調補正」⇒「色調・彩度」でカラーを付けます。

多角形選択ツール

「多角形選択ツール」は、クリックしたポイントで切り替えながら直線で選択範囲を作成する場合は便利で、「なげなわツール」より使いやすいです。ドラッグしている時に指が離れてると始点と終点が繋がってしまうので、指が離れてしまった時は、Alt(option)キーを押すと「なげなわツール」に切り替わることが出来ます。始点と終点を合わせると〇印が出るので、選択範囲が完成します。

マグネット選択ツール

「マグネット選択ツール」を使うと、ピクセルの濃度差をもとに境界に沿って選択範囲を作成してくれます。洗濯したい境界をクリックしてマウスを置くと、自動で動いてくれるので便利です。オプションバーで細かく調整可能です。最初は初期設定で良いです。「幅」:10pixel「コントラスト」:10%、コントラストは、境界と認識するコントラストの差を設定してくれます。画像の濃淡差によってエッジを検出するか設定が出来て、高い値に設定すると、濃淡差が弱い所のエッジとして検出しなくなります。「頻度」:57、頻度は、固定ポイントの出現の数を設定してくれます。 マウスの動きが境界線からズレたりすると、固定ポイントも外れてしまいますので外れた時は、Deleteキーを使って固定ポイントを削除できます。始点と終点を合わせると〇印が出るので、選択範囲が完成します。

 

スマホから撮影した画像を一冊にして友達にプレゼントしたら
「何これ!かわいい!」と言ってくれるので、本当に利用して良かったです♪
↓↓↓↓↓

クイック選択ツール

「クイック選択ツール」は、選択範囲を少しずつ拡張してくれるツールになります。早く選択できて、細かい調整も出来ます。マウスをドラッグすると、選択範囲が外向きに拡大したり、画像内で定義された境界線を自動的に見つけて細かい調整が可能です。ブラシサイズの調整は、「オプションバー」⇒「ブラシピッカー」を出して、「直径」の数値を変更します。

自動選択ツール

「自動選択ツール」は、画像のクリックした位置の色と近い色を自動的に選択してくれます。「オプションバー」「許容値」・「サンプル範囲」を設定します。許容値を低くすると、より似たカラーしか選択されなくなります。カラーを続けて選択する時は、Shiftキーを押したまま、削除はAltキーです。絵柄によって「自動選択ツール」だけでは選択しにくい場合がありますので、この時は「なげなわツール」で、Shiftキーを押しながら追加、Altキーを押しながら削除して調整してみましょう。

 

あずきちゃんあずきちゃん

画像を見ながら「なげなわツール」・「多角形選択ツール」・「マグネット選択ツール」で選択して学習してみましょう。ファイルに保存して使ってくださいね♪ lesson7-2

色域選択ツール

  1. 「選択範囲メニュー」⇒「色域指定」⇒「色域指定」ダイアログボックス「スポイトツール」で選択したい色をクリック(ここでは紫色)
  2. 「許容量」・「範囲」を調整
  3. 「スポイトツール」で範囲の追加・削除、追加したい時は[+]・削除したい時は[-](選択範囲のプレビュー:黒マット)黒マットを選択すると、選択した部分以外が黒くなります。選択できたら「OK」

 

「色域選択ツール」は、近い色を選択するツールになり、「色域指定」ダイアログボックス「スポイトツール」で選択したい色をクリックします。ここでは紫色の部分を選択しています。「スポイトツール」は選択範囲の追加、削除が出来ます。その他「許容量」・「範囲」も調整可能です。

最後に

選択範囲にはさまざまな方法がありますね。「なげなわツール」の範囲を追加する時は、Shiftキー、削除はAlt(option)キーを押しながら、「多角形選択ツール」ではドラッグしている時に指が離れてしまったら、Altキーを押して「なげなわツール」に切り替えて作業。それぞれのツールのメリット・デメリットを知りながら、うまく使い分けてみてくださいね。
最後まで見て頂きありがとうございました。

スポンサーリンク