Photoshopのカラーモードはたくさんありますが、代表的な色を扱うカラーモードは「RGB」・「CMYK」になります。その前にカラーモードとは?画像の色を表現する意味です、RGB(R=レッドG=グリーンB=ブルー)はどういう性質があるのか?CMYK(C=シアンM=マゼンダY=イエローK=ブラック)にはどういう特徴があるのか?Photoshopでは「イメージ」メニューの「モード」から確認や、チェックされているモードを変更することが出来ます。それぞれ2種類のカラーモードの違いを解説していきます。

スポンサーリンク
 

カラーモード=RGB・CMYKとは?

RGBとCMYKの特徴

カラーモードとは色情報の持ち方のことで複数のカラーモードがありますが、色を扱う代表的なカラーモードは、「RGB」・「CMYK」になります。Photoshopでのカラーモードを切り替えたい時は「イメージメニュー」「モード」で変更ができます。上の画面では現在「RGBカラー」「8bit/チャンネル」にチェックが入っていますね。8bit・16bit・32bitがありますが用途に応じて選びます、チャンネルあたりのビット数は大きい数字ほど階調が細かくなり、データも増加します。階調とは、色の明るさや濃さの段階数のことで、プリンターなどの画質を決める要素のひとつで、色や明るさの表現力の単位として使われています。

RGBカラー

「RGB」3つの色が組み合わせて、すべての色を表現しています。R=レッド・G=グリーン・B=ブルー、この3つの色は「光の三原色」と言われ、テレビやパソコン、ディスプレイにはRGBが使われています。Photoshopはすべてのフィルターが使用できるので、修正や加工などの作業はRGBカラーで行っています。RGBで表現できる色の数は約1.670万色(256色✖256色✖256色)、0~255=256段階から指定します。RGBカラーには混ぜ合わせるとより明るく、白くなります。このことを「加法混色」といいます。

CNYKカラー

「CMYK」4つの色が混ざった色を表現しています。C=シアン・M=マゼンタ・Y=イエロー・K=ブラック、シアン・マゼンダ・イエローは「色材の三原色」と言われ、ポスター、パンフレットなどカラー印刷で使われています。各色の比率は0~100%で指定されています。CMYKカラーは混ぜ合わせるとより暗くなり、黒に近い色になります。これを「減法混色」と言います。

印刷用で使用する時は、CMYKカラーに変換します。「編集」⇒「プロファイルの変換」ダイアログボックス「変換後のカラースペース」(プロファイル:Japan Color 2001 Coated)⇒「OK」

オシャレなデザインでオリジナルの挨拶状を友達に送ってみました♪
↓↓↓↓↓

その他のカラーモード

グレースケール

グレースケールは、ブラック、ホワイト、グレーの階調のみを含む画像です。「イメージ」メニュー「モード」⇒「グレースケール」にチェックを入れます。グレースケールは白黒の256色階調の色があって、「8ビット画像」とも言われています。なのでモノクロ印刷用のデータとして使われています。カラーからグレースケーに変更する時は、「イメージメニュー」⇒「色調補正」又は「色相・彩度」を選択して「彩度-100」にしてもグレースケールができます。

 

レイヤーを統合していない場合「グレースケール」に変換すると「モードを変換するとレイヤーの外観に影響する場合があります。モードを変更する前に画像を統合しますか?」と出る場合があります。「結合しない」を選択しても、グレースケールモードに変換することは出来ますが、変換後に変更された部分がないか必ず確認してください。

モノクロ2階調

黒白の2色で表しています、別名「1ビット画像」とも言われています。ピクセルが分かれて広がっていて、濃い、薄いがあり「ディザ」という方法があります。ディザとは?限られた色の数でたくさんの階調を表す技術で使用可能の色の数から色を組み合わせて、中間の色を表すことで見かけより色の数が増えてファイルの量も少なくできます。変換方法は、「イメージ」メニュー「モード」⇒「モノクロ2階調」

ダブルトーン

グレースケールの画像に特色を加えて色表現します。複数の特色を使った印刷をする場合に使用します。変換方法は、「イメージメニュー」⇒「モード」⇒「ダブルトーン」を変換すると、「ダブルトーンオプション」ダイアログボックスが出ますので、種類を選び、インキの横の色をクリックしてカラーライブラリーからカラーを選択します。

 最後に

カラーモードの特徴はどうでしたか?RBGカラーでは、Photoshopの修正や加工で作業を行います。CMYKカラーは、印刷用で使用されることが分かりましたね。その他のカラーモードにもそれぞれの役割がありますので画像を使用してたくさん操作してみてください。
最後まで見て頂きありがとうございます。

スポンサーリンク